« MobG スクリーンショット (ver0.6x版) | トップページ | RuneRandomImages-jp スクリーンショット »

2007-01-26

RuneRandomImages-jp

このパッケージは norida による RuneRandomImages の改造版です。
オリジナルはst3fo氏の作成した RuneRandomImages です。
オリジナルのバージョンは 1.1 です。主に標準化、日本語対応の改変を行っています。

●動作環境

  • WordPress 2.0.x 2.2.x
    (WordPress ME2.0.10 および ME2.2.1 で動作確認)

●Installation & Usage

  1. 解凍したアーカイブの RuneRandomImagesディレクトリを WordPressプラグインディレクトリにアップロードします。ディレクトリ名は変更しないで下さい。
  2. RuneRandomImagesディレクトリ内の "rune_config.php"ファイルを書き込み可能に設定してください。(ex. chmod 777)
  3. WordPress管理ページよりこのプラグインを有効化してください。
  4. WordPress管理ページのオプションメニューで RuneRandomImagesのプロパティを設定・変更できます。
  5. 使用するテーマファイルの中でイメージを表示したい場所に次のコードを書き加えてください。
<?php
    if (function_exists('rUn3_randimgs'))
    rUn3_randimgs();
?>

●改変箇所

  • ver 0.2.0
    • Wrodpress 2.1.0以降への対応。
    • ページにattachされている画像は出力しない。(2.1.0以降対応)
       
  • ver 0.1.0 (旧 RuneRandomImages-jp-1.1)
    • ディレクトリ指定などを修正
    • 出力される画像の条件を変更(下記全てを満たすもの)
      親記事を持つ。
      親記事が publish(公開)状態である。
      attachment として登録されている。
      mime が image/jpeg, image/png, image/gif である。
      ※これらにより、非公開やドラフト記事に属する画像や、記事に関連していない画像は出力されません。
    • 画像への直接リンクではなく親記事へのリンクへ変更。
    • 画像名をurldecodeするように変更。
    • moファイルに対応。

▼ダウンロードはこちら RuneRandomImages-jp-0.2.0.zip (7.7K)

※旧版 RuneRandomImages-jp-1.1.zip は廃止し、バージョン番号を jp-0.2.0 とします。

|

« MobG スクリーンショット (ver0.6x版) | トップページ | RuneRandomImages-jp スクリーンショット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192795/5084778

この記事へのトラックバック一覧です: RuneRandomImages-jp:

« MobG スクリーンショット (ver0.6x版) | トップページ | RuneRandomImages-jp スクリーンショット »